「市民葬/市民葬儀」は、セレモニーの登録商標です。市民葬 shiminso.com

市民葬儀・一般葬儀・社葬・家族葬儀・密葬に関する相談、もしもの時は…

「市民葬」登録葬儀社の CEREMONY セレモニーへ

葬儀の流れ - 弔問篇

4.通夜とは

通夜

通夜

故人の霊を慰めるため、近親者や故人と親しかった人達が遺体を守って一晩過ごし、別れを惜しむのが通夜である。
現在の通夜は「半通夜」にする場合が多く、午後6時頃から約1〜2時間程度行うのが一般的です。



葬儀会場に入る時間

葬儀会場に入る時間

葬儀は故人と最後のお別れをする大切な儀式。
開始10分〜15分前には到着するようにし、告別式に参列する場合は、時間内に式場に行き、列の末尾に並び焼香、拝礼をする。

着席は先着順に

席次が決められていない場合は、会場に到着した順番に着席。



受付でのマナー

受付でのマナー

お悔やみを述べ、香典を渡し記帳をする

着席は先着順に

受付では「この度はご愁傷さまでございます」と挨拶をし、お悔やみは心を込めながらも手短に行う。

代理人として弔問するとき

代理として参列する場合は、芳名帳に代理人の名前は書きません。
代理で持参したことをしめす為に、来られなかった方の名前の下に「代理」(妻の場合は「内」)と書き、その下にご自分の名前を小さく記しておく。



焼香(仏式)

焼香の順番

喪主・故人との血縁の深い方から行う。

    焼香(仏式)
    1. 抹香を3本の指でつまみ、頭を軽く下げ、目の高さにおし戴き、香炉に落す。 1回もしくは2・3回行う。焼香回数は故人や遺族の宗派、会葬者の人数によって異なります。
    焼香(仏式)
    2. 僧侶、遺族に向かって一礼し、焼香台に進み遺影に向かって一礼する。
    焼香(仏式)
    3. 右手の親指、人差し指、中指で抹香を少しつまみ、軽く頭を下げた姿勢で目の高さまで持ち上げる。
    焼香(仏式)
    4. 抹香を香炉に静かに落す。1〜3の動作を1〜3回行う。
    焼香(仏式)
    5. 回数は各宗派により異なる。合掌し、冥福を祈る。
    焼香(仏式)
    6. 一歩下がって遺影に一礼。更に2、3歩下がり、僧侶と遺族に一礼して席に戻る。

玉串奉奠「たまぐしほうてん」(神式)

    たまぐしほうてん

    神前に敬意を表し祈念を込めて捧げる。

    1. 神式のお参りの仕方の一つ。
    2. 玉串とは榊(さかき)の枝に紙垂(しで)をつけたもの、玉は魂を意味する。
    3. 奉奠とは「つつしんで捧げる」の意。

    玉串奉奠の所作

    神職の前に並んで順番を待つ。
    自分の番が来たら神職、遺族に向かって一礼をする。

    たまぐしほうてん
    1. 遺族、神官に一礼し、神職から玉串を受け取り玉串は右手で榊の根元を上から持ち、左手を葉の下に添える。
    たまぐしほうてん
    2. 祭壇のへ進み、玉串を胸の高さに上げて一礼する。
    たまぐしほうてん
    3. 玉串を時計周りに回して枝元を自身に向け、枝元を左手に持ちかえ、さらに時計回りに廻して枝元を神前に向ける。
    たまぐしほうてん
    4. 玉串を供える。
    たまぐしほうてん
    5. 1、2歩下がって二礼二拍手一礼(音を立てないしのび手で)をする。
    たまぐしほうてん
    6. 神職、遺族に一礼をして席に戻る。

献花(キリスト教式)

献花の仕方

    献花
    献花 1
    1. 係から花を受け取り、花の部分を右手にして両手で受け取る。
    献花 2
    2. イラストのように花を持ち祭壇の前に進み一礼します。
    献花 3
    3. 花を献花台に供えます。花が自身へ向くように花を持ち替え献花台に供える。
    献花 4
    4. 遺影を仰いで黙とうを捧げます。
    献花 5
    5. 遺影に一礼し、向きを変え遺族に一礼する。

「通夜ぶるまい」は遠慮しない

「通夜ぶるまい」は遠慮しない

遺族からの弔問への感謝の気持ちと共に、故人とこの世で最後の食事を共にしてもらう意味を持つ。
故人の供養になることなので、一口でも箸をつけ、静かに帰る。




冠婚葬祭互助会(経済産業大臣許可(互)第3042号) CEREMONY 株式会社セレモニー
shiminso.com Ceremony co.