「市民葬/市民葬儀」は、セレモニーの登録商標です。市民葬 shiminso.com

市民葬儀・一般葬儀・社葬・家族葬儀・密葬に関する相談、もしもの時は…

「市民葬」登録葬儀社の CEREMONY セレモニーへ

葬儀の流れ - 挨拶文例集

2.葬儀挨拶

葬儀挨拶

告別式の終了後に喪主もしくは遺族代表が挨拶をする。
しかし、最近は式終了後の挨拶は省き、出棺時に棺を霊柩車に収めたところで出棺の挨拶をすることもある。
挨拶の内容は、形式にこだわる必要はなく、感謝の気持ちを簡潔に述べると良い

挨拶の流れ

  1. 会葬者へのお礼。
  2. 故人の生前や闘病中、お世話になったことへのお礼。
  3. 故人の死についての説明や最期の様子。
  4. 生前のエピソードを交えて、出棺に際して最後の別れの言葉を添える。
  5. 遺族の今後の決意・変わらぬお付き合いのお願いを述べてしめくくる。

注意点は…あまり長く喋らず、簡潔にまとめる方が良い

葬儀挨拶(子)大往生といえる最後

本日はお忙しいところ、父の葬儀にご会葬いただきまして、誠にありがとうございました。
またご鄭重(ていちょう)なご弔意(ちょうい)、 ならびにご厚賜(こうし)を賜りまして厚く御礼(おんれい)申し上げます。
明治生まれの父は、家督をゆずりまして以来二十年、悠々自適のうちに過ごしておりましたが、昨日明け方○○病院で眠るがごとくに○○才の生涯を閉じました。
若い時からさまざまな苦労も味わい尽くした人生ではありましたが、まさに幸せな大往生ともいえる最期であったことは、子として何よりの慰めでございました。
父が晩年を豊かに過ごすことができましたのも、ひとえに皆様方のご厚情(こうじょう)の賜物(たまもの)と深く感謝いたしております。
これからは、残された者で力を合わせて父の遺志を受け継いでいきたいと思います。
これまで同様のご指導とご鞭撻(べんたつ)をお願いいたしまして、お礼のご挨拶とさせていただきます。

葬儀挨拶(子)家業の後継者として

私は、長男の一男でございます。喪主として一言ご挨拶を申し上げます。
皆様には、大変ご多忙中にもかかわらず、亡き父・青山太郎の葬儀に、かくも多数ご会葬くださいまして誠にありがとうございました。
父・太郎は○○県○○市で青山家の長男として大正○年○月○日に生を受けました。
○○商業を卒業後、東京に出て丁稚奉公の後、祖父が創立した現在の青山株式会社に入社。昭和○○年に同社を引き継ぎまして以来、幾度の変転の後今日に至っております。社業がこれまでに発展できましたのも、ひとえに皆様方のご厚情の賜物と感謝しております。
○○年悔いのない人生をおくって、故人も満足し、かつ感謝の念を持ってあの世に旅立ったことと存じます。
父になり代わりまして心からお礼申し上げます。
今後は残った母を大切にし、家族心を合わせて父の意志を受け継ぎ、社業発展のために身を捧げる覚悟でございます。
亡き父同様、ご厚誼(こうぎ)のほど切にお願い申し上げまして、お礼の言葉に代えさせていただきます。
どうもありがとうございました。

葬儀挨拶(子)できるだけ簡潔に

本日は大変お忙しいところ、ご参列をいただき、ご焼香を賜わりまして誠にありがとうございました。
父が生前中は何かとお世話になり、ありがとうございました。
これからは兄弟皆仲良くし、母を大切にして堅実な家庭を営み、父にも安心していただきたいと思っております。
今後とも亡き父同様に、ご指導ご鞭撻(べんたつ)を賜りますようお願いいたしまして、ご挨拶にかえさせていただきます。

葬儀挨拶(子)お見舞のお礼も述べる

本日はお忙しいところ、また遠路にもかかわらず、父・青山太郎の葬儀にご足労賜りまして、誠にありがとうございました。
父生前中はなにかとお世話になり、誠にありがとうございました。
又本日は多くの皆様方にお見送りいただき、父もさぞかし喜んでいることと思います。
父は定年後は町内会の役員などをお引受けして、毎日を楽しく暮らしていましたが、ちょうど5年前に胃腸を患いまして、以来入退院を繰リ返しておりました。
半年前から寝たきりとなりまして、一昨日家族の見守る中○○病院にて息を引き取りました。78歳でございました。入院中には皆様方から心強い励ましやお見舞をいただき、本当にありがとうございました。
これからは残された私たち一同、力を合わせて頑張っていく所存でございます。
父亡きあとも変わることのないご指導、ご厚情を賜りますよう心よりお願い申し上げます。
出棺に先立ちまして、一言お礼を申し述べご挨拶に代えさせていただきます。
本日はどうもありがとうございました

葬儀挨拶(子)急逝した様子を述べる

本日はお忙しい中、またお休みにもかかわらず、かくも多数の方々にご会葬賜り、誠にありがとうございました。
また会社の皆様方や先輩、友人の方々からは心のこもったお別れの挨拶を賜り、故人もさぞかし喜んでいると存じます。
生前中のご好誼(こうぎ)に厚く御礼申し上げます。父は勤勉実直な人で、少しの時間もじっとしていられない性格でございました。
朝は5時には起きて調べ物をし、夜はいつも12時過ぎまで机に向かっておりました。そんな実直な生活の積み重ねが崇(たた)ったのか、一昨日脳溢血で突然意識不明となり、私達が病院にかけつけた時にはもう意識がなく、そのまま帰らぬ人となりました。
まだ61才の元気だった父がよもや亡くなろうとは全く思ってもいませんでした。今は、ただただ、残された者として一生懸命頑張っていかねばと思うばかりでございます。
まだ若輩でもありますので、これまでにも増してご指導とご鞭撻を賜りますよう、ここにせつにお願い申し上げご挨拶とさせていただきます。
本日はどうもありがとうございました。

葬儀挨拶(夫)妻に苦労させた話

本日はご多用のところ、皆様方には亡き妻のために、ご会葬いただきまして誠にありがとうございました。
おかげを持ちまして葬儀も滞(とどこお)りなく終えることができました。
皆様方の暖かいお心に見送られて、妻もきっと喜んで浄土(じょうど)に赴(おもむ)いた事と存じます。
生前から色々とお世話をいただきました皆様方に、故人に成り代わり厚くお礼を申し上げます。
妻は享年(きょうねん)73歳。わがままな私に40年間もよく尽くしてくれました。
これといった趣味も無く、ただ黙々と働いている姿を思い出しますと、もっと好きなことをさせてやっていたらといまさらながら後悔の念が沸き上がってまいります。 おかげさまで娘も孫達も元気でおりますが、私はよそ様にご迷惑のかからぬよう、妻の位牌(いはい)を守ってこの家で生活するつもりでございます。
どうぞ、これからも変わらぬお付き合いの程をよろしくお願いいたします。
本日は誠にありがとうございました。

葬儀挨拶(夫)若くして先立つ妻

本日はお忙しいところ、妻・花子の告別式にご会葬いただき、最後までお見送り下さいましてありがとうございました。
また多くの方々よりご弔慰ならびにご厚志を賜りましたこと、この場をお借りしまして厚くお礼申し上げます。
私どもが結婚いたしましてから○○年、2人の子もやっと私共の手を離れ、妻もこれからは好きなことをして暮らすと楽しみにしていた矢先の出来事でした。
花子がまだ44歳にして、ガン末期と聞かされた時には、大変ショックで、しばらくは仕事も手につきませんでした。 しかし花子も入院中には毎日子供たちに囲まれ、これまでにない充実した日々を送らせていただきました。
先生や看護師さんの懸命のご尽力で、体の苦痛も少なく、安らかなうちに静かに息を引き取ることができました。
これまで花子は妻として母として本当によくやってくれたと思います。
そして「みんなどうもありがとう、本当にありがとうね」と言ってくれたのが、何よりの慰めでございました。
これからは残る2人の子供と一緒に生活してまいりますが、何分男手一つでは、何かと不行き届きも多いことと思います。
どうか、これまで同様のお付合いをいただきますようお願いいたします。
皆様本日はどうもありがとうございました

葬儀挨拶(兄弟)子供達が立派に成長している場合

本日は皆様ご多用中の所、ご会葬いただきまして誠にありがとうございました。
出棺に先立ちまして青山家を代表いたしまして一言ご挨拶を申し上げます。
青山太郎は大正3年○○市に青山家の長男として生まれました。
戦後○○紡績に入社して○○年に退職するまで、とにかく仕事一筋にまじめに人生を送った人でした。
退職後は会社の同僚の方々と旅行に行ったり、近所の老人クラブの方々とご親交を賜わり、おかげさまで晩年は楽しく暮らすことができました。
遺族にとってそれは何よりの慰めでございます。又子供達もそれぞれに立派に成長し、亡き兄ももはや何の心残りもなかったものと信じております。
青山家親戚一同これからも心を合わせてやってまいりますが、残されました遺族に対しまして、生前にも増してのご厚誼を賜りますようお願いをさせていただき、 ご挨拶にかえさせていただきます。本日は誠にありがとうございました

葬儀挨拶(兄弟)在職中に死亡した場合

皆様本日はご多用中のところ、多数お集まりいただきまして、誠にありがとうございました。
遺族、親族を代表いたしまして、一言ご挨拶申し上げます。
私は亡き青山太郎の弟・文次郎でございます。本来ならば、喪主の花子がご挨拶申し上げるところですが、 いまだ学生の身でございますので、私が代わりましてお礼の言葉を述べさせていただきます。
故人は○○年に○○株式会社に入社させていただき、定年後も○○株式会社にお世話になっておりましたが、○月○日、心不全のため他界いたしました。
在職中には会社の皆様方には大変お世話になり、本日の葬儀も、社長様はじめ社員の皆様方のご懇情によりまして、かくも立派に営むことが出来ましたことを大変有り難く思っております。
このように多くの方々に見送られて旅立つことができ、兄もきっと喜んでいることと思います。
これからは我々、親族が何かと力を貸して、子供達が立派にやっていけるよう父の志を継いで行けるよう心掛けてまいりますが、 皆様方には、何卒これからも、父太郎在世中と変わることなきご厚情を賜りますよう、心よりお願い申し上げ、お礼のご挨拶とさせていただきます。
本日はありがとうございました

町内会長、葬儀委員長挨拶

本日は、ご多用中のところ、青山太郎さんの葬儀に多数ご参列いただきまして、誠にありがとうございました。
おかげをもちまして本日のご葬儀、滞りなく執り行うことが出来ました。
葬儀委員長としてご遺族、ご親戚一同に代わりまして、厚くお礼を申し上げます。
故人もきっと心おきなくあの世に旅立っていかれたことと思います。
亡くなられた太郎さんは、当地域の発展のために大変ご功績のある方でございまして、最近では公民館の建設に真剣に取り組まれておりました。
公民館の完成を目前にして逝去されましたことは大変に心残りであった事と思いますが、私どもと致しましては一致団結し、 ご遺志をしっかりと受けついで参る所存でございます。どうぞ安心してお眠りいただきたいと思います。
ご会葬者の皆様方にこれからも青山家のご遺族に故人の生前と変わりないご厚情を賜りますよう、心よりお願い申し上げまして、はなはだ簡単ではございますが、御挨拶とさせていただきます。
どうもありがとうございました


冠婚葬祭互助会(経済産業大臣許可(互)第3042号) CEREMONY 株式会社セレモニー
shiminso.com Ceremony co.